服を何着も買わないように気を付けていること(後編)

服を何着も買わないように気を付けていること(後編)

前回の続きです。

こちらもぜひお読みください⇒服を何着も買わないように気を付けていること(前編)

前回は服を買うとき気を付けていることに、①欲しい服を先に考えてからお店で探すと書きました。

今回は他に気を付けていること②、③、④を紹介します。

 

1. 気を付けていること②:SNSを見て服を欲しくなったときは考え直す

SNSを見ていると、誰かが買ってよかった物を紹介している投稿をよく見かけます。

お洒落な人が紹介していたり、写真がかっこよく撮られているとつい欲しくなってしまいます。

しかし物はどんどん紹介されるので、もし真似して買っていたら終わりなく買い続けてしまいます。

思わず買いそうになったけど、買うのをやめた物を紹介します。

  • Acne Studios(アクネストゥディオズ)のマフラー

  • Danton(ダントン)のコート

雑誌やInstagramで着ている人を見て思わず買いそうなりましたが、マフラーもコートも持っているし、今すぐ必要な物ではないと考え直して買うのをやめました。

この経験を通して、他にも気付いたことがあるので次に書きます。

 

2. 気を付けていること③:ブランドロゴが目立つデザインは選ばない

2-1. 買うのをやめた理由

これは私の好みの問題ですが、ブランドロゴが目立つデザインだと飽きやすいことに気付きました。

Acne StudiosやDantonもブランドロゴが目立つので買うのをやめました。

 

2-2. ブランドロゴが目立つ商品を持ったときの心境

服を買うときにブランドロゴが目立つか気にしなかった頃に、私はマリメッコの黒いリュックを買ったことがあります。

SNSだけでなく、周りの人も使っていて良いなと思って買ってしまいました。

最初の内は気に入っていたのですが、街中でよく見かけるし、あまりにも人と被るので少し嫌になってしまいました。

マリメッコのリュックは形が特徴的で、ロゴもはっきりと書かれているので誰かと一緒だとすぐにわかります。

最初にリュックを買った理由は「みんなが持っているのを見ると良さそうに見えたから」なのに、いざ買うと人と一緒なのが嫌になるなんて...

リュックは今も使い続けていますが、ブランドロゴが目立つデザインを選ぶときはよく考えようと思いました。

 

3. 気を付けていること④:なるべく天然繊維の服を選ぶ

1着の服を長く着続けたいと思ってから服の素材に注目しています。

例えばニットだと、ウール100%かカシミア100%を選んでいます。

天然繊維は手入れがいるので、手をかけた分だけ服を大切にできるようになりました。

ウールとアクリルが混ざったニットは、着続けると生地が傷んだり、毛玉になったりするので買うのを避けています。

混合率にもよると思うのですが、天然繊維と化学繊維が混ざった服は、傷むスピードが速い気がします。

また、化学繊維は乾燥肌に合わないと聞き、肌なじみのことも考えて天然繊維の服を選んでいます。

すべて天然繊維でそろえるのは価格面で難しいのもあり、無理のない範囲で心がけています。