断捨離中にメルカリとラクマで出品した感想

断捨離中にメルカリとラクマで出品した感想

フリマアプリって色々種類があって、何を使ったらいいか迷ってしまいませんか?

私は断捨離中にメルカリとラクマを使っていました。

今回は実際に使ってみた感想について紹介します。

 

個人的に使いやすかったのはメルカリ

私はラクマよりもメルカリの方が使いやすかったです。

主な理由はこちら。

1)商品の閲覧数がラクマよりも圧倒的に多い

出品した商品を多くの人に見てもらえれば、売れる確率も高くなります。

実際、メルカリでは60個近く売ることができましたが、ラクマでは2つしか売れませんでした。

2)出品時に商品の写真を10枚まで掲載できる(ラクマは4枚だけ)

掲載できる写真の枚数が多いと商品の傷や汚れなど詳細を見ている人に伝えられるので、購入者とのトラブル回避に繋がる可能性が高いです。

ラクマは掲載できる写真の枚数が4枚なので、汚れや傷がある場合に、本当は写真を載せたいのに、文章で説明する必要があって大変でした。

3)メルカリは匿名配送が日本郵便とヤマト運輸で選べる(ラクマは日本郵便だけ)

自分にとって利用しやすい方を選べるのでおすすめです。

 

ラクマを使って出品した感想

ラクマのメリットは販売手数料が安ところ

断捨離ではメルカリをよく使っていましたが、ラクマにも良いところはありました。

それは販売手数料がメルカリよりも安いことです。

現在、ラクマの販売手数料は「販売した商品価格の3.5%(税別)」になっています。

メルカリの販売手数料は10%なので、とても安いことがわかります。

 

ラクマで注意した方がいいこと

ラクマはメルカリよりも販売手数料が安いですが、送料が高くなってしまう場合があります。

例えば日本郵便のゆうパックの値段を比較します。

80サイズ
メルカリ:800円
ラクマ:900円

100サイズ
メルカリ:1,000円
ラクマ:1,150 円

赤い太字で示したように、ラクマの送料の方が高いことが分かります。

※公式サイトに詳しい情報が書いてあります。

メルカリのガイド⇒ゆうゆうメルカリ便

ラクマのガイド⇒かんたんラクマパック(日本郵便)

 

メルカリは出品から日数が経過しても売れるがラクマだと難しい

メルカリでは出品してからしばらく日数が経っても売れていきました。

しかしラクマでは出品から24時間以内に売れないと、そのあと売れる可能性が低いと思います。

実際に私がラクマで売った2品は、24時間以内に売れた場合のみです。

やはりメルカリの方が有名な分、利用者も多くて商品が売れやすいと実感しました。

売りたい物があるけどフリマアプリを使ったことがない人には、メルカリから始めることをおすすめします。