【毎朝15分間捨てる】断捨離がさくさく進んだ方法

【毎朝15分間捨てる】断捨離がさくさく進んだ方法

最初はメルカリの出品を中心に断捨離を進めていました。

しかし何でも売れるわけではないので、ボロボロだったり汚れていたりして売れない物もたくさん出てきます。

メルカリの出品が停滞していた頃、あることがきっかけで断捨離が加速的に進んだ時期がありました。

今回はそのことを振り返ります。

 

1. きっかけは筆子さんの記事を読んだこと

以前、私が影響を受けたミニマリストブロガーさんたちを紹介しました⇒【断捨離を始めたきっかけ】ミニマリストブロガーさんとの出会い

その内の一人が「筆子ジャーナル」を書いている筆子さんで、現在もブログを拝読しています。

ブログを読み始めた頃、下記の記事が目に留まりました。

読んだ記事⇒「15分で27個捨てましょブギ」を続けて気づいた「捨てる」最大のコツとは?~ミニマリストへの道(30)

この記事を読むまで、断捨離は一気に捨てて終わらせるイメージがあったのでとても興味を持ちました。

そこで記事を参考に、私は毎朝15分間集中して物を捨てる時間を作って断捨離に挑戦してみました。

 

2. 私が実行したルール

1)毎朝、起床後にすぐ捨てる

2)時間は15分
(捨てる物が減ってきたら時間を短縮して7分くらい)

3)捨てる数はこだわらない

記事には「朝にやる」とは書いていませんが、後回しにすると自分は絶対にやらないと思ったので「朝起きたらすぐにやる」と決めました。

また、捨てる数は27個と書いていましたが、時間だけ制限をつけることにしました。

 

3. 捨てるときに気を付けたこと

3-1. 朝起きたらすぐやる

ポイントは起床後に時間を空けずに捨て始めることです。

これが良かったみたいで、毎朝捨て続けていると一気に物が減りました。

とにかく毎朝捨てるまでの動きに入ることを意識しました。

 

3-2. 15分を超える前に作業を止める

捨てるか残すか判断に迷って15分を超えるときは、途中で止めて、その日は作業を切り上げていました。

また、断捨離も後半になってくると捨てる物が無くなってくるので、15分より早く終わらせることもありました。

あくまで15分は目安にして、状況に合わせて変えていました。

 

4. 毎朝の断捨離で捨てた物

主に捨てた物はこちらになります。

  • プラスチックの容器

  • 何本もあるシャーペンやボールペン

  • 古くなった衣類、下着

  • 不要な書類

全部気付かない内に家の中に溜まっていきやすい物ばかりです。

特に書類は「後で必要になるかもしれない」とか「今判断するのは面倒だから今度捨てるか考えよう」と思って溜め込んでいました。

しかし後から必要だった書類はほとんどありませんでした。

 

*****

捨てるか判断する物の量が多いと疲れます。

一気に終わらせるのではなく、朝に短時間で集中して続けた結果、断捨離が確実に進みました。