ミニマリストを知ってから起こした2つの行動

ミニマリストを知ってから起こした2つの行動

 今回はミニマリストをはじめて知ったときの話を紹介します。

 

ミニマリストを知ったきっかけ

ミニマリストを知ったのは4年ほど前です。

書店をぶらぶら見てまわっていたとき、ある本のコーナーの表紙が目にとまりました。

  • 『みんなの持たない暮らし日記』
  • 『必要十分生活 少ないモノで気分爽快に生きるコツ』

当時ミニマリストからはすっきりしたシンプルな部屋に暮らす人たちという印象を受けました。

他にはこんまりこと近藤麻理恵さんなど、片づけを上手にする人のイメージと一緒になっていました。

「あまり物を持たないのがかっこいいんだなぁ」とぼんやり思ったのを覚えています。

 

ミニマリストを知ってから自分に起きた変化

はじめてミニマリストを知ったときに断捨離はしていません。

しかし影響を受けて実行したことが2つあります。

1)旅行先で食べ物以外のおみやげは買わない

2)かわいいと思う雑貨を見つけてもすぐに買わない

以前は、雑貨屋さんでかわいい物を見つけたらすぐに買っていました。

たまにガチャガチャでかわいいキーホルダーを見つけるとつい回してしまうこともありました。

また、旅行先でご当地キューピーなどキャラクターグッズを買って集めた時期もあります。

キーホルダーなどの小さい雑貨は一つひとつの値段が高くなく、サイズもそれほど大きくないのでついつい買ってしまいます。

そして後から見返すとたくさんの小さな雑貨が部屋中にありました。

普段からキーホルダーを使えばいいのですが、私がキーホルダーをつけるのは家や自転車の鍵だけで十分でした。

残ったキーホルダーはすべて引き出しの奥にしまい、買ったことすら忘れている物もありました。

これ以上キーホルダーが増えていくのは問題だと思っていたので、ミニマリストを意識して雑貨をすぐに買ってしまう習慣は止めました。

 

*****

今回はミニマリストをはじめて知ったときの話を紹介しました。

はじめてミニマリストの影響を受けた行動は、雑貨をすぐに買ってしまう習慣を見直すことです。

まだ断捨離はしていません。

今後もミニマリストから受けた影響を紹介したいと思います。