YouTubeで「勝間和代の、本を早くたくさん読むための3つのアドバイス」を見てから本嫌いを克服できた

YouTubeで「勝間和代の、本を早くたくさん読むための3つのアドバイス」を見てから本嫌いを克服できた

私のプロフィールには読書が好きと書いていますが、以前は活字の本を読むのが苦手でした。

しかし勝間和代さんのYouTubeを偶然見てから「もっと気楽に読めば良いんだ」と思い、それから図書館で本を借りて読んでいます。

今回はどうして本嫌いを克服できたか紹介します。

 

1. 本が嫌いだった頃

1-1. 憧れから本を読みたい気持ちはあった

私は昔から漫画ばかり読んでいて、活字の本は全く読んできませんでした。

たくさんの文字を集中して読むのが苦手だったからです。

しかし本を読みたい気持ちはありました。

よく本を読む人と話していると、考えがしっかりしていたり、面白い発言をしたりする人が多いと感じることがよくあったので、その人たちに近付きたくて本を読むことに憧れていました。

また、アメトーークの「読書芸人」の回を見て、より本を読むことに興味を持ち始めました。

出演していた又吉さん、若林さん、光浦さん、カズレーザーさんは、芸人さんの中でも「面白いことを言うなぁ」と思っていた方たちだったので、やっぱり読書している人は何かが違うと感じたのです。

 

1-2. 本が嫌いだった頃の読書の仕方

本が嫌いだった頃は、1ページずつ丁寧に読もうとしていました。

例えばこんな感じです。

  • 分からない単語が出てきたらその都度調べる

  • 内容を一度で理解できない場合は分かるところまで戻って読み直す

この作業は時間がかかるので非常に疲れます。

途中で嫌になって本を読まなくなる原因になっていました。

しばらく時間を置いてから読み始めますが、また嫌になってしまうので読書は続きませんでした。

 

2. 本の内容を完璧に理解しなくても良いと思えるようになった

私が本を読むことに抵抗が無くなったのは、勝間さんのYouTubeを見たのがきっかけです。

見た動画はこちら⇒「勝間和代の、本を早くたくさん読むための3つのアドバイス」

勝間さんお話で印象に残った言葉をまとめました。

  • 頭から後ろに向かって全部読むのをやめましょう
  • 熟読しなくて結構です
  • 読書の最大の敵は完璧主義です
「勝間和代の、本を早くたくさん読むための3つのアドバイス」

本は1ページずつ丁寧に読んでいた私には、どれも刺さる言葉ばかりです。

もっと気楽に読めば良いんだと思いました。

それから読書に対してハードルが下がり、気持ちが楽になったのをよく覚えています。

今思うと読書することを難しく考え過ぎていました。

 

3. 肩の力を抜いて読書できるようになった

現在の読書スタイルはこうなりました。

  1. まず目次を見て気になったところから読む
  2. 気になるところはゆっくり読むがそれ以外は流し読みに近い
  3. わからない単語は調べずに読み進める
  4. しばらく読んでも「合わない」と思えば無理に読み続けない

今は内容を完璧に理解よりも、まず一通り読むことを重視しています。

どうしても気になったところは、後でもう一度読み直しています。

繰り返し読書すると自分の好きな本が少しずつわかってきました。

  • エッセイや新書が好き

  • 小説は苦手と思っていたが、昔の小説(夏目漱石など)を読んでみたら面白かった

  • 以前は読んでいた自己啓発本への興味がなくなってきている

自分の好みが分かると面白いと思える本が増えていきました。

そして「もっと読みたい」という思いが強くなり、気付けば読書する習慣が身についていました。

今は読書ブログを書いている方のおすすめ本や昔の小説を読むことが多いです。