【断捨離】好きなアーティストのCDとDVDを手放しはじめた理由

【断捨離】好きなアーティストのCDとDVDを手放しはじめた理由

最近メルカリの出品を再開しています。

すこし前にその様子を記事にしました⇒【断捨離】メルカリでひさしぶりに出品した感想。売れない衣類はウエスに。

メルカリの出品を再開したことで断捨離熱がヒートアップ。

これまで手をつけなかった「好きなアーティストのCD」を整理することにしました。

 

ライブグッズは断捨離済み

昔は好きなアーティストのライブに行くと毎回グッズ(Tシャツ、タオルなど)を買っていたので数が大量にありました。

ライブに行くのにTシャツ1枚、タオル1枚があれば十分なので、グッズは早い段階で断捨離しています。

しかしCDやDVDは手放す気になれず、最近までずっと手元に置いていました。

 

CDとDVDが手放せなかった理由

断捨離をはじめた頃に「ライブグッズは必要な分だけでいい」と思いました。

しかしCDとDVDは「手放したら自分はファンと言えないかもしれない」と思い、ずっと残していました。

グッズもCDもどちらも同じなのにどうして考え方に違いがあるのか考えました。

  • CDはアーティストの歌が入っている
  • DVDはアーティストが映っている
  • CDとDVDはライブグッズよりもアーティストの思いがより詰まっている感じがする

アーティストの歌が好き」と言いながら手放してしまうことに抵抗があったんだと思います。

心の中では「PCに取り込んだ曲をスマホで聴いているから必要ないんじゃないか...」と思っていました。

 

CDとDVDを買ったあとについて

CDを買ったあとは、PCに一度取り込んだら見返すことはほとんどありません。

DVDも最初に一回見たらほとんど見返しませんでした。

両方とも普段は引き出しにしまっています。

CDとDVDを手放したら「ファンと言えないかもしれない」と思っているのに、普段見るほど大事にできていないことに気付きました。

 

引き出しにしまう以外の方法も考えた

引き出しにしまわずに、棚に飾っていつでも見られるようにする方法も考えました。

しかし...

  • CDケースに傷がつく、焼けてしまう
  • ホコリがたまりやすくなる

などデメリットしか思いつかなかったので手放す決心をしました。

 

ファンと物の量は関係ない

メルカリに出品するためにDVDがちゃんと再生できるか確認していたときに「ライブで聴きたいなぁ」と思いました。

買ったDVDをずっと持っていましたが、私はライブに行って聴くのが一番好きだと感じた瞬間です。

当たり前ですが、CDとDVDを手放してもファンじゃなくなるなんてことありませんでした(笑)

「ファンなら持っていないといけない」と自分の変な正義感にしばられていたことに気付きました。

 

印象に残っているメルカリ出品者の言葉

以前ライブグッズを出品した際、値段の参考のためにほかの出品者の方のページを見ていたときのことです。

その方は「○○(アーティストの名前)はまだ好きですが数が多いので出品します」と商品説明欄に書いていました。

手放したから「好きじゃない」ではなく、ただ自分に合った量に調整しているだけなんですよね。

この言葉が今も印象に残っているので紹介しました。

 

*****

↓応援クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ